CBD Products

医療大麻と膵臓がん

人口の高齢化に伴い、認知症・がんなどにおける医 … ハーバード大学研究者が転移性膵臓がん治療の可能性を発表 今年7月、ハーバード大学の研究者はFBL-03Gと呼ばれる大麻フラボノイドが膵臓がん腫瘍を殺すことができることを発見した。研究チームは膵臓がんのマウスを対象とした実験を実施し、使用した動物の70%でFBL-03Gが腫瘍細胞を殺した 人口の高齢化に伴い、認知症・がんなどにおける医 … 少なくとも、この発見は後の段階で膵臓がんと診断された人の平均余命を延ばす可能性があると研究チームは述べている。 研究は医療用大麻と放射線療法を併用すると、膵臓がん動物モデルの生存率を高める可能性があることを示しており、 Medical Marijuana for Cancer(がん治療のための …

日本の研究 「がんと大麻(カンナビノイド) 国立 …

少なくとも、この発見は後の段階で膵臓がんと診断された人の平均余命を延ばす可能性があると研究チームは述べている。 研究は医療用大麻と放射線療法を併用すると、膵臓がん動物モデルの生存率を高める可能性があることを示しており、

大麻を使用した末期がん患者が生存権に基づいて無罪を訴えるケースは初とみら れる。欧州諸国や米国の20州以上で医療用大麻の合法化が進む中、日本での医療用大麻解禁の是非が争点になる可能性もある。司法はどう判断するのか-。 (小野田雄一)

2019年8月21日 論文によると、大麻に含まれる化学物質がすい臓がんの治療に著しい効果が しかし、長年、大麻フラボノイドは医療に有効だとはみなされてこなかった。 現在、医療大麻は、がん患者の消耗(wasting)や吐き気・嘔吐や疼痛の緩和の目的 がん、悪性リンパ腫、皮膚がん、膵臓がん、子宮がん、乳がん、前立腺がん、大腸がん  2016年3月20日 大麻はこれらの産業や医療などにおける有益性を持つ一面がある一方で、薬物乱用の原因や犯罪などの温床になる負の一面も持っています。 2018年9月28日 代替治療や相補的治療を専門とする獣医師達は、CBDオイルが犬へ与える利益・効果についていくつもの興味深い報告をしています・・・ 医療としての犬 

医療大麻がいかに、ガンに有効か」などを伝える世界のニュース番組のまとめ的な 是非とも膵臓癌の分野で大麻を用いた治療で結果を出しているドクターからより的確な 

膵臓がん治療に新手法…手術前の抗がん剤に効果 | …